ブログトップ

常夏生活

jokosin.exblog.jp

マレーシアの小島へ

ちょっと前ですが、マレーシアの島、ラワ島 Plau Rawa へ行ってきました。
マレー半島の東側、ティオマン島の手前に浮かぶ島。

ネットで調べると、海の透明度の高さでは随一という、知る人ぞ知る島だとか。もともと無人島で、リゾートホテルが一つあるのみ、陸路と船で行け、ホテルに頼めばシンガポールの自宅までお迎えの車が来てくれるというので、まだチビギャングのいる我が家にはハードルが低いのではと前から興味津々でした。
ただ、島のホテルのサイトで直接申し込む、(他に方法があるのかは私はわからず)サイトは当たり前だけど英語、乗り気なしの夫には頼めないし。
実際、何故かサイトから申し込みができず、(←やってみたけれど、どうも日にちが近すぎたのかできず??)仕方ないので直接オフィスに電話してどうにか予約。先のカード払いだし、ちょっと不安でしたが…
日にちがせまっていたので、空いてる部屋は二部屋、なんとか滑り込みセーフ。
この時に島へのボートに乗る港までの送迎(片道S$160)も、我が家は車はないし、ジョホールバル(マレーシア)へ、ボーダーを越えて行ったこともないのでお願いしました。


午後1時のラワ島行きのボートに乗るため、うちのコンドにお迎えの車が来るのが朝の8時でした。早い、そんなに時間かかるのかと聞いたら、休日だから、国境越えは混雑するらしく時間が読めないから早めに行くとのこと。
しかし、車は少し遅れて到着。

まず向かうのはウッドランズチェックポイントです。
f0286631_1933363.jpg
既に混雑してました。バイクのレーンがすごい。こんなに沢山のバイク見るの初めてかも。

Woodlands Checkpoint 要塞のよう
f0286631_1933652.jpg

まずはシンガポールから出国手続き
f0286631_1933715.jpg
出国手続きは車から降りることなく、パスポートとEP、DP(ビザを持って無い場合は普通に出入国カードが必要のようです)を見せるだけで簡単に済み、普通は通行料支払うようですが、160ドルに含まれているのかドライバーさんが立て替えたようでした??
f0286631_1933921.jpg
出国です。シンガポールとマレーシアの間の橋を渡ります。
真ん中辺りのここが国境らしいです。
f0286631_1934056.jpg


f0286631_1934135.jpg
前方にマレーシアサイドのイミグレが見えて来ます。同じように車から降りることなく入国完了。
タイやインドネシアは行ったことがあるんですけど、マレーシア入国は私も旦那も初めて。
初マレーシアじゃー。


その後、マレーシアサイドの車に乗り換えて、一路メルシンへ。
この車がボロくて、乗り心地悪かった…

ジョホールバルはわりと大きな街のようですが、シンガポールに比べると、途端に貧相な感じです。いかにシンガポールが綺麗かわかるなあ。
f0286631_1934614.jpg
f0286631_1934754.jpg
途中、イオンを発見。物価が安いから、シンガポールから買い出しに来る人もいるとか。車があれば可能ですね。
ジョホールバルを出ると周りはパーム椰子のプランテーションが延々と続く。
f0286631_1934889.jpg

マレーシアはインドネシアに続くパーム油の生産地。
熱帯雨林をどんどん伐採してパーム椰子のプランテーションを広げていて問題になっているらしい。
インドネシアの焼き畑はヘイズを引き起こしているし。
f0286631_1934961.jpg
伐採されてる土地。

かなり長い道のりなので、息子も私も途中から爆睡。息子はまだオムツですが、途中休憩無しで3時間ぐらい突っ走っていたので、オムツの取れてる子供にはきついかなあとふと思いました。途中、休憩できるような適当な所がないような。田舎のトイレもマレー式が予想されるし。

一本道を、かなりのスピードを出して突き進み、11時半過ぎぐらいに
f0286631_1935110.jpg
メルシン到着。ここにホテルのオフィスがあります。
f0286631_193521.jpg
自家用車はここに止めて行くみたいでした。
ボートの時間まで間があったので、近くのカフェに行くも、満席。その先にあるローカルのマーケットでドリンクを飲んで休憩しました。

f0286631_1935482.jpg
時間が来たのでボートに乗りに行く。
f0286631_1935529.jpg
これで行きます。海が汚ないのでちょっと心配になる。
f0286631_1935642.jpg
ばいばいメルシン

20分ぐらい乗ると前方に白い砂浜を持つ小島が見えてきました。
素朴な桟橋に船を着け上陸。海から南の島に上陸する感じは映画The Beachを思い出しました。ちょっと大げさですが。
f0286631_193572.jpg

f0286631_1935713.jpg


まず、着いてすぐホテルでランチ。
食事は朝、昼、晩、すべてビュッフェで、ホテル代にinclusive。ビールやジュースなどの飲み物は別。部屋につけてくれ、チェックアウト時にまとめて払います。
f0286631_193587.jpg
食事処です。今回は連休だったせいか、子供らが異様に多く、食事時は時間によっては満席でした。
朝、昼、夜ともビュッフェ。
マレー風、中華風、パスタなどの西洋風な料理が並び、欧米人向けの味付けになっている感じで食べやすかったです。
まあ、うなるほど、美味しいお魚料理などはなかったですが。
土曜日の夜はBBQで、サテーなどもありましたョ。
その時、フランス系の新婚風カップルと相席になったのですが、びっくりするぐらいの美男美女!なんと、息子はその美女の気をひくのに夢中??しつこいくらいだったので迷惑な話です。??

我が家の部屋
f0286631_194084.jpg

f0286631_194125.jpg

f0286631_194213.jpg
毎回階段を登るのが大変でしたが、バルコニーからは海が見え、まあまあ。
部屋はHillside Deluxe、でもこのバンガローは狭かった…

そして、テレビ、電話がない。
電話がないのが不便。何か問題があったらいちいち、フロントのある建物まで行かなきゃならない。
今回はドアの鍵がかからなくて、修理をお願いするというトラブルがあり、非常に面倒でした。

トイレ、シャワーはバックパッカー時代を思い出した。
まあリゾートホテルのような感じではなし。バスタブなし。
水も出が悪し。シャワーのお湯はぬるめ(^_^;)

ここは海の綺麗さが売り。
水周りのことを考えると2、3泊が限界かなあ~

他にも素敵なコテージあり
f0286631_194248.jpg
海の上に突き出て建っているWaterfront Bungalow、チビがいるとベランダから海に落ちやしないか心配だけど、すごーく素敵な感じ!広そうなので2家族ぐらいで一緒に泊まれそうでした。

f0286631_194318.jpg
こちらはFrangipani Villa、一番奥に建ってましたが素敵な感じ。

f0286631_194469.jpg
浜に並んでいるのはBeach Front

f0286631_194591.jpg

f0286631_194648.jpg
このスライダーはおばさんでもやってみたかったなぁ。

ビーチはすぐそばまで珊瑚礁。
年甲斐もなく髪がどうのと気にせず、ザブンザブンとシュノーケリングしまくってしまいました。
かなり魚も見れ、私は小さめのエイも発見。
久しぶりに子供のように夢中になりました。シュノーケルの道具は借りられます。
他にもシーカヤックもできるようでした。

息子も白い砂浜で砂遊びしたり、海に入ったりとても楽しそうでした。

桟橋の下に集まって来る魚に朝食のパンを2個ほど拝借してあげたら一斉に集まってきてちょっと怖かった。
なくなると、ももとか足をつつかれてちょっと痛かったし。
でも、息子はキャッキャキャッキャと超喜んでましたが
f0286631_194679.jpg

側にいた白人の子供達にもパンを半分あげたら、喜んでました。
その中の5歳ぐらいの男の子、少しずつちぎってあげればいいのに、一回であげちゃってあっという間になくなると、私の空になった袋をみて、もっと頂戴というけど、もうないのよごめんね、と言っても、疑り深く、袋見せてと言ってチェックするほど。
内弁慶な我が息子もこのくらいの強さというか、積極性を少し持ってほしいなあと思う。

ここは欧米人が多いとは聞いていましたが、会話を聞いているとフランス語ばっかり。
異様に多い子供達もフランス語ばっかり。
フランス語を話すスイス人かもしれないけど、彼らは一体どこから来たのかなと思ってました。
シンガポールか、クアラルンプールの可能性もあるかも。
夜のビュッフェの時に魚にあげるパンをあげた、10歳ぐらいの女の子が私をおぼえてて、Hi〜!って言ってきた時に何処から来たのとか聞けばよかったけど、なんだか慣れなくて??

f0286631_194728.jpg
敷地内にはなんと孔雀が放し飼い。怒ってないからか、羽を広げてはくれず、残念。息子に見せたかったな。
f0286631_194816.jpg
屋根の上にも。孔雀って飛べないはずでは⁈

f0286631_194923.jpg
f0286631_22394177.jpg



f0286631_1941048.jpg
さすがにここは息子が海に落ちないかヒヤヒヤ。

f0286631_1941254.jpg

f0286631_1941336.jpg

f0286631_1941431.jpg



美しい白砂のビーチが自慢のRawa Safari Island Reaort でした。


f0286631_1144457.jpg
帰りのボートの中。ヨーロピアンばっかり。


Rawa Island Resort
[PR]
by jokosingapore | 2014-10-19 11:43
<< Happy Deepavali〜! フラトンホテルのチキンライス?? >>